2011年03月18日

【宮崎から東北へ、たすけあいの輪】新燃岳レポートNo.25/東北レポートNo.16(合併シリーズ)

被災地NGO恊働センターです。
「宮崎から東北へ、たすけあいの輪〜野菜サポーター」の
進捗をご報告します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮崎から東北へ、たすけあいの輪〜野菜サポーター
………………………………………………………………………………………
16日に神戸を出発した宮崎野菜第一便が、埼玉県のNPO法人キャンパーさんのご協力で、宮城県石巻市にある湊小学校の避難所で19日から炊き出しに使われます!
*キャンパーさんHP http://www.camper.ne.jp/npo/

このセットには、「これさえあれば一食分のメニューがつくれるように」と、買い付けに協力して下さった小林市の農家さんの配慮で、お米や味噌、たくあんも入っています。宮崎からの応援の気持ちを乗せた野菜が美味しい料理となり、被災された方があたたまって下さればと思います。

そして今日18日、神戸に届いていた第二便が、栃木県宇都宮市のとちぎボランティアネットワークさんのご協力で福島県郡山市に向かいます。第三便、第四便も手配が進んでいます。

また、全国からは続々と野菜サポーターに共感の声が届いています。こんなあたたかいメールを送って下さった方もいます。
* * *
今回の震災に関し、東京から何ができるか、とずっともやもやしていました。
しかし、宮崎で噴煙の被害にあわれた方々の
「相手の身になって自分ができることをやる」
という姿に、大変感動いたしました。
私に出来ることは何か。
沢山のアイディアがあるような気がしてきました。
* * *

このプロジェクトは、私たち被災地NGO恊働センターだけでは完結できません。たくさんの方々とのつながりのおかげで、少しずつ前に進んでいます。宮崎の被災地を出発した応援のバトンは、全国からのエールを受けて北上し、神戸へ、埼玉へ、栃木へ…そして明日、東北に届きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
野菜サポーターからのお便り
………………………………………………………………………………………
■宮城と宮崎のすてきな関係
応援して下さっている野菜サポーターNさんから、こんな情報をいただきました。
-----------------
・・・検索しているとき、こういうものがでてきました。
http://blog.goo.ne.jp/vfcmiyagi_cooking/d/20110227
宮城から宮崎へ、「復興応援企画」としてシチューのレシピが出ていたのです。
日付を見るとつい昨月のことで、思わず胸が詰まりました。
炊き出しのとき、このメニューをそのままとはいかなくても、これを胸に宮崎のお野菜を調理していただければと思い、お送りさせていただきました。
--------------------
宮崎県の口蹄疫復興のための企画で、日本野菜ソムリエ協会さんの
「宮崎シチューレシピコンテスト」というものだそうです。
http://vf2.way-nifty.com/stew/2010/11/post-9693.html
宮城発!宮崎応援!【宮×宮コラボシチュー】
http://vf2.way-nifty.com/stew/2011/03/no106-110-c90d.html

実は、宮城と宮崎は2008年8月、村井宮城県知事と当時の東国原宮崎県知事とが
タッグを組み、「宮宮はうまい」宣言を出して特産物のPRに取り組んできたという間
柄。

今度は、宮崎から宮城へと、思いがつながっていきます。
………………………………………………………………………………………

●東北地方でのボランティア活動資金を募集しています。
●宮崎から東北へ、支援の輪を〜「野菜サポーター」を募集しています。
   振込口座:郵便振替01180-6-68556
   口座名義:被災地NGO恊働センター
   通信欄に、「東北地震支援」又は「野菜サポーター」と書いて下さい。
 http://www.pure.ne.jp/~ngo/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター 
   E-mail ngo@pure.ne.jp
   URL   http://www.pure.ne.jp/~ngo/
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702  
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


posted by 被災地NGO恊働センター at 22:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

【宮崎から東北へ、助け合いの輪】新燃岳レポートNo.24/東北レポートNo.13(合併シリーズ)

*複数のMLに配信していますので、重複はご容赦下さい。

被災地NGO恊働センター事務局です。
宮崎支援・東北支援の合併ニュースです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮崎の野菜が、被災地に向かいます!
………………………………………………………………………………………
「宮崎から東北へ、支援の輪をつなげよう」と呼びかけています。
徐々に、共感して下さった方々が「野菜サポーター」になって下さっています。

そして今日、宮崎のネットワークを通して買い付けた野菜が
被災地に向けて出発します。

大根、にんじん、ごぼう、じゃがいも、たまねぎ・・・などの野菜に加え、
お米、たくあん、味噌もあります。

第一便のこの野菜は、炊き出しを行っている
埼玉県行田市のNPO法人「キャンパー」さんに託すことになりました。
まずは宮崎県大崎市に運ばれるとのことです。
キャンパーさんは野菜の量や種類を一切問わず、すべてをお引き受け下さいました!
被災地でのあたたかい炊き出しに使っていただけるとのことです。
宮崎からの思いが、野菜に乗って東北に運ばれます。

宮崎の農家さんからこんなメッセージもいただきました!

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 
私たちは新燃岳付近で農業をしている農家です。
火山灰の影響を受け、販売できない野菜もたくさんでました。
しかし、噴火の被害に負けずに精一杯農業を頑張っています。
この野菜の中には、火山灰が降る中で、生き残った野菜を綺麗に洗ったものもあります。
被災地の皆様、本当に苦しいと思いますが、前向きに負けずに頑張って下さい。
心からいち早い復興をお祈りします。
● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

引き続き、全国から宮崎・東北を応援していきましょう。
………………………………………………………………………………………

●東北地方でのボランティア活動の資金を募集しています。
●宮崎から東北へ、支援の輪を〜「野菜サポーター」を募集しています。

【郵便振替】01180-6-68556/口座名義:被災地NGO恊働センター
【ゆうちょ銀行】支店番号:一一九(イチイチキユウ)店/店番:119/当座0068556

通信欄に、(1)「東北地震支援」または(2)「野菜サポーター」と書いて下さい。
ネットバンキング等で通信欄が無い場合は、
「依頼人名」等の後に(1)「トウホク」または(2)「ヤサイ」、
「依頼人番号」欄等に(1)「1049」または(2)「831」とご記入下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 被災地NGO恊働センター 
   E-mail ngo@pure.ne.jp
   URL   http://www.pure.ne.jp/~ngo/
   TEL 078-574-0701 FAX 078-574-0702  
   〒652-0801 神戸市兵庫区中道通2-1-10
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

posted by 被災地NGO恊働センター at 11:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

霧島連山・新燃岳噴火災害支援レポートNo.23

宮崎県・新燃岳の被災地で活動している、中越・KOBE足湯隊(=被災地NGO恊働センター)頼政良太のレポートです。

あるお宅で灰掃除のお手伝いをした際の様子です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現地レポート
………………………………………………………………………………………
今日伺ったお宅では、一人暮らしのお母さんだけで手が回らない状態だったそうです。駐車場は単純に考えると灰が積もっていても影響は少ないように思えますが、乾燥した灰はほこりのように舞うので生活する上でかなり気になるというのが実情です。

灰をすべて取り除くことは難しいですが、細かい部分までも丁寧にやっていくことが必要だと感じました。

その後、2軒のお宅を訪問しました。
どちらのお宅もかなりの量の灰が残っていて、なかなか住民の方だけでは取り除けない状態でした。家の窓も何度か掃除したそうなのですが、すぐに灰が舞うので汚くなってしまうそうです。

何度も汚れたり灰がたまったり、切りがないというストレスもあるのだなぁと改めて感じました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮崎から東北へ、支援の輪〜「野菜サポーター」募集中です!
………………………………………………………………………………………
●被災地・宮崎の野菜をつかって東北で炊き出しを行います。
その野菜買い付けの資金を集めるため、1口3000円で「野菜サポーター」を募っています。

困った時はお互いさま。
お野菜を買うことで、被災でたいへん苦労をされている宮崎県の生産者の方にとって少しでも収入につなげたい。
そして、被災地・宮崎のお野菜を使った炊き出しで、寒いなか頑張っておられる東北の方々に「応援していますよ!」というあたたかい声を届けたい―。
そんな思いに共感してくださる全国の皆さまのご支援をお願い致します。

郵便振替:01180-6-68556
加入者名:被災地NGO恊働センター
通信欄に「野菜サポーター」と明記して下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

被災地NGO恊働センター
代表 村井雅清
連絡先:神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL 078-574-0701
E-mail:ngo@pure.ne.jp

posted by 被災地NGO恊働センター at 12:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

【宮崎から東北へ、助け合いの輪】新燃岳レポートNo.22/東北レポートNo.5(合併シリーズ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         【宮崎の野菜で東北を支援しましょう!】
           「野菜サポーター」大募集!!!
……………………………………………………………………………………………………
東北地方太平洋沖地震について、当センターの先遣隊スタッフは、すでに現地に入っている救援グループと合同で今朝から名取の被災地で炊き出し活動を展開しています。

昨日、「宮崎野菜で東北支援」のため、「野菜サポーター」の呼びかけを始めました。被災地・宮崎の野菜を東北での炊き出しに使わせていただきます。
まさに困った時はお互いさまです!

宮崎県・新燃岳の被災地で活動している頼政良太が、今朝レポートを届けてくれました。

* * *
<3月12日>
今日の朝に、一昨日お邪魔したお宅のお母さんから、東北の地震が大変だからうちは構わないわよ、というお電話が入りました。宮崎の方々もこのたびの地震の被災者の方々に想いをはせています。

今日は午前中に日向から来たボランティアの方15名と一緒に皇子原公園の掃除を行いました。かなりの灰がたまっていて、とても大変な作業でした。15名で一日がかりで作業しましたが、まだ終わっていない状態です。今後も引き続きボランティアが入ってくるときに活動しようと思います。

また、昨日うかがったお宅のうちの一軒に2名のボランティアさんに行ってもらいました。なかなか作業が進まなくて、住民の方も気が滅入っている様子でしたが、ボランティアが入って作業することで、少しでも気が楽になればと思います。

また、今日は三重から野菜の買い付けに来られた方がいてしいたけ農園をご紹介しました。今後、継続的に農業という面でも支援活動ができるような形にしていけるよう、地元の農家さんなどとしっかりと話をしていきたいと思います。

* * *

宮崎も方もまだまだ大変な中、被災地から被災地の支えあいの輪が広がっています。
引き続き宮崎への応援もお願い致します。

野菜サポーターにぜひご協力下さい。

…………………………………………………………………………

下記の通り、炊き出しに使う野菜買い付けの資金として、1口3000円の「野菜サ
ポーター」を募集しています。ご支援よろしくお願い致します。

郵便振替:01180-6-68556
加入者名:被災地NGO恊働センター
通信欄に「野菜サポーター」と明記して下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………
■■■連絡先■■■
被災地NGO恊働センター
代表 村井雅清
所在地 神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL  078-574-0701
E-mail ngo@pure.ne.jp
URL   http://www.pure.ne.jp/~ngo/

posted by 被災地NGO恊働センター at 11:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

【宮崎野菜で東北支援】「野菜サポーター」募集!

【宮崎の野菜で東北を支援します!】

報じられていますように、3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震により、各地に甚大な被害が出ています。被災地NGO恊働センターは、11日夜にスタッフ4名を派遣し、状況調査にあたっています。この先遣隊は、間もなく宮城県名取市に到着する予定です。また、続いて第二陣が13日夜に出発する予定です。

また一方で、被災地NGO恊働センターは1月26日に起きた宮崎県・新燃岳噴火災害に対する支援を現在も続けており、当センターのスタッフ1名が、「震災がつなぐ全国ネットワーク」の他スタッフとともに活動中です。

私どもは、今後も、この二つの災害に対する支援活動を継続していく所存です。
そこで今回、「困ったときはお互いさま、被災地から被災地を支援しよう!」というコンセプトのもと、噴火で被害を受けた宮崎県産の野菜を買い付け、東北の被災者の方への炊き出しに使おうと考えています。大根、ホウレンソウ、しいたけなど…野菜の種類は生産者の方の状況しだいです。

被災でたいへん苦労をされている宮崎県の生産者の方にとって少しでも収入になるよう、そして、寒いなか避難所で頑張っておられる東北の方々に「応援していますよ!」というあたたかい声が届くよう、皆さまのご協力をお願いします。

下記の通り、炊き出しに使う野菜買い付けの資金として、1口3000円の「野菜サポーター」を募集します。ご支援よろしくお願い致します。

郵便振替:01180-6-68556
加入者名:被災地NGO恊働センター
通信欄に「野菜サポーター」と明記して下さい。
■■■連絡先■■■
被災地NGO恊働センター
代表 村井雅清
所在地 神戸市兵庫区中道通2-1-10
TEL  078-574-0701
E-mail ngo@pure.ne.jp
URL   http://www.pure.ne.jp/~ngo/

posted by 被災地NGO恊働センター at 14:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。